建築設計事務所で家を建てた理由とは

コンセプト建築設計事務所で家を建てました

コンセプト建築設計

早速ですが、石川県金沢市にあるCONCEPT建築設計一級建築事務所(以下、コンセプト建築設計)で家づくりをお願いしました。

大手ハウスメーカー、地元のハウスメーカー、工務店、設計事務所などの住宅展示場や内見会・事務所訪問を行いましたが、最終的に決まったのは他県の設計事務所だったことは、私自身驚きの決定でした。

コンセプト建築設計で家を建てた理由

ハウスメーカーや工務店ではなく、なぜ建築設計事務所だったのか。
また、なぜ住んでいる富山県ではなく石川県の設計事務所だったのか。
それは、

  • 先日のメモ快適な家づくりに大切な3つのキーワード」に満足な提案をいただけたから
    (3つのキーワード:暖かい家、楽ちんな家、開放的な家)
  • 高気密高断熱専門の住宅設計事務所だったから
  • 分離発注方式という仕組みで、施主の私も費用を納得して払えそうだから
  • 営業さんがおらず、全て直接設計士の方々と綿密な打ち合わせができたから
  • 事務所代表が非常に魅力的な方だったから(良い意味で尖っている)
  • ブログが暖かい家づくりに大変参考になり、なにより面白かったから
    参考:コンセプト建築設計のブログ

だと考えていました。家が建った後も、この理由は変わりません。
結果、自分も妻も非常に満足した家づくりになりました。

建築設計事務所はなんだか怖そう?

はい、なんだか怖かったです。お高くとまってそうなイメージが先行しました。
が、怖かったのは初めて行く前だけで、1度お会いするとその後は気さくに話させていただきました。
事務所代表自らまず説明をいただき、本当の高気密高断熱へのこだわりを説明を受け、暖かい家を作ってくれそうだな、と思うことができました。

建築設計事務所は設計料がすごく高そう?

はい、すごく高そうでした。
が、これも勝手なイメージで終わりました。
正確には、そういう事務所もあるんだと思いますが、コンセプト建築設計では本当にこの金額で大丈夫なのかな?とさえ思ったくらいです。

恥ずかしながら、設計事務所では設計料が取られる分、家作りの費用が高くなる!という印象がありました。でも、ハウスメーカーだって、工務店だって、設計士さんがいて設計費用は必ずかかっているんですよね。その費用をどのように回収するかというと、各材料費やオプション費用の中にもぐらせていて見えなくなっているんです。

それに比べると、分離発注方式を行ったので、各項目の原価を全て把握した上で、何をつけるか、何をやめるか、を考えることができたので、非常に良かったです。(ミーレ社の食洗機も導入できて感謝しています。)

分離発注方式を詳しく知るには以下のサイトにあるマンガがわかりやすいです。

イエヒト
オープンシステム イエヒト

値下げ交渉がないことは全施主への平等な値下げ

コンセプト建築設計がとる分離発注方式では、施主自らが設計料や材料原価を全て把握できるので、値下げ交渉はありません。できません。
これを言うと、安くできないと思うかもしれませんが、既に原価を開示しているのである意味、万人に平等に安くしている、と思えました。
もちろん、費用を抑えたい場合、原価を見てグレードを下げたり、仕様を変えることはできます。100円のモノを90円にしてほしい、といった値下げ交渉はない、という意味です。

私はこの分離発注方式を初めて知り、興味を持てたことも選択した大きな要因になりました。

ブログランキング

ランキング参加中です。押していただけると励みになります。
にほんブログ村 住まいブログへ 

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)