床下エアコン暖房って・・・何?①

高気密高断熱の家を建てた場合、

安価に24時間足元から暖かい暖房方法は、床下エアコン1台による床下暖房

だと色々調べてたどり着きました。

私の家は、この床下エアコンを導入しました。

まだわからなかった当時を振り返り、床下エアコンって何?をまとめた内容です。

床下エアコン暖房=床下暖房

床下エアコンは、

床下にエアコンの温風を送風し、基礎内を暖めることで、床下から暖かい環境を実現する暖房方法です。

床下エアコンイメージ

出典:大恭建興
新潟県の高気密高断熱工務店さん、ブログが面白でおすすめ。↑

基礎内を暖めるので、床も暖かく、ガラリから温風が出てくるので、室内も暖かくなります。

ガラリって何?

基礎内の暖気を床上に出すための、床に設置するスリットを指します。

我が家の場合は、日本住環境製の木製ガラリ(フロアスリッター)を設置しています。

ガラリ

隙間からモノを落としそうですが、金属の格子が入っていて落ちない仕組みになっています。

風量調節も手軽にできて一石二鳥なアイテムです。

ガラリ説明

出典:日本住環境株式会社ー製品情報フロアスリッター

このガラリを1階の各所に、計7個設置しています。

床下暖房の効果は?

本日2月15日、北陸地方富山県の現在で、

外気温2度に対し、無垢フローリング温度は24.1度でした。

床温度

ちょくちょく温度測定をしますが、おおよそ床上温度24-25度で推移しています。

ここまで安定的に暖かいと、基本的に私も妻子も裸足での生活をして快適に暮らしています。

また、床暖房とは異なり、エアコン温風によるマイルドな暖房なので、普通の無垢フローリング材が使用可能です。

無垢フローリング材で、床上温度が温かいと、暖かさも足ざわりも非常に快適です!

本日のまとめメモ

  1. 床下エアコンは、床下の基礎内をエアコンで暖める暖房方法
  2. ガラリという床面スリットで、基礎内の暖気をたちのぼらせ、室内も暖める。
  3. マイルドな暖房方法なので、床暖房ではできない標準的無垢フローリング材が使える。
  4. そのほかのメリット、そしてデメリットは?は次のメモにて。
ブログランキング

ランキング参加中です。押していただけると励みになります。
にほんブログ村 住まいブログへ 

スポンサーリンク
レクタングル広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告