床下エアコン暖房って・・・何?②

高気密高断熱の家を建てた場合、

安価に24時間足元から暖かい暖房方法は、

床下エアコン1台による床下暖房

だと色々調べてたどり着きました。
私の家は、この床下エアコンを導入しました。
まだわからなかった当時を振り返り、床下エアコンとは?をまとめた内容その2です。
過去メモ:床下エアコン暖房って・・・何?①

床上の空気を吸気し、床下を暖める。

前回のおさらいになりますが、
床下エアコンは床下をエアコンの温風で暖める暖房方法です。
ではどこから空気を吸気するかというと、床上からになります。

床下エアコンイメージ

出典:大恭建興
床上から吸気し、床下を経由し温風を出して暖める。↑

そのため、エアコンは半分床上、半分床下に面するように設置されています。

床下エアコン設置位置

あまりエアコンを上から見下ろすことはないですが、エアコンは構造上、上部から空気を吸気するため、上記のような設置方法となっています。
水色部分は、断熱材です。温風がすぐ床上にきてしまうと、エアコンが設定温度に達成したと勘違いしてしまい、エアコン暖房が停止すること(ショートサーキット)を防ぐものです。

床下エアコン設置位置2

普段は、造作家具の一部として、エアコン自身は見えないように設置されています。
家を設計していただいた、コンセプト建築設計にて造作家具も設計してもらっています。
家と家具に一体感があって良いです!!

エアコン本体はごく普通のエアコンを使用

画像にあったように、エアコン自体は家電量販店にもある普通のエアコンを使用します。
私自身、地元で最も安かったケーズデンキで購入し、設置してもらいました。設置も床下エアコンとして特別な費用は不要です。

私の家の場合、1階床面積30坪ほどに対し
18畳用表記のエアコン1台を使用し床下暖房を行っています。

家の気密断熱性能が違えば、エアコンの「何畳用」という表記も意味がなくなりますね。

寒冷地用エアコンではない!本当に普通のエアコン。

結論から書いておくと、私の家の床下暖房用エアコンは普通のエアコンです。
本体価格の高い寒冷地用エアコンは必要ありませんでした

私の住まいは、北陸地方の富山県です。一応、雪国となります。
地元の知り合いと話していると、
エアコンを主としたお家では、寒冷地用エアコンを用いている人が多いです

寒冷地用エアコン:熱交換性能を高く、室外機の凍結がない寒冷地用エアコン

普通のエアコンを使用している場合、寒くなってくると、室外機が凍結して、室外機の霜取り機能が起動します。すると、霜取り起動中は、室内機が動かなくなり、一時的(15―30分程度)に暖房が止まります。
霜取り機能が起動して、暖房が止まることを避けるエアコンが寒冷地用エアコン、という理解です。

素晴らしい機能ですが、寒冷地用エアコンは本体価格が高いんです。。。
購入当時に比較した18畳用エアコン(寒冷地機能以外は同一グレードで)を例にすると、
普通のエアコンは12万円、寒冷地用エアコンは22万円・・・10万円もの違いが!

床下エアコン暖房では、普通のエアコンでも支障なく、暖かい環境を実現できています。
もちろん普通のエアコンなので、外気温が寒くなると、霜取りが起動します。
ただ、霜取りで15分から30分程度エアコンが止まっても、家全体の気温がほぼ下がらないからです。

コンセプト建築設計さんとお話しして聞いていたとはいえ、実際に住んで体感しないと心配ではありましたが、今年の大雪の今を乗り越えることが無事できています。

床下エアコンは普通のエアコンを使うから初期費用が安い

ここまで書いたとおり、
床下エアコン1台による床下暖房では、ごく普通のエアコンを使いました。

床暖房と比較しても、寒冷地用エアコンと比較しても、
家を建てる際に必要な購入費用を抑えることが可能になります。

但し、床下エアコンの場合、通常は床下断熱のところを基礎断熱に、そして、暖気を上げるためのガラリ設置が必要なため、従来のエアコンによる暖房よりは初期費用がかかります。

方法 設置費用 更新費用 電気代 暖かさ
エアコン1台

〇安い
△寒冷地用はそれなり

〇安い 〇安い ×足元は暖まらない
床暖房全床+
エアコン1台
×高い ×高い ×高い 〇足元から暖かい
床下エアコン1台
(床下暖房)
△それなり
基礎断熱∔ガラリ費用
〇安い 〇安い 〇足元から暖かい

今日のまとめメモ

  1. 床下エアコン暖房は、床上の空気を吸気し、床下を暖める。
  2. 床下エアコンでは、普通のエアコンを使用し、寒冷地用エアコンは不要でした。
  3. 普通のエアコンを使用するため、初期費用が安く抑えられる。
ブログランキング

ランキング参加中です。押していただけると励みになります。
にほんブログ村 住まいブログへ 

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)