検討したハウスメーカーや工務店一覧①

悩みに悩んで選んだコンセプト建築設計

悩む男性

先日のメモ「建築設計事務所で家を建てた理由とは」に記載したとおり、石川県金沢市にあるコンセプト建築設計に依頼して、富山県で家を建てました
当初から、コンセプト建築設計で家を建てることが決まっていたのではなく、色々とじっくり調べた結果として家づくりのお願いをしました。
設計事務所で家を建てることにする迄に、暖かい家をつくるため読んだ本は数冊、また、様々なハウスメーカー・工務店・設計事務所の住宅展示場や内見会、事務所訪問を行いました。

見て回ったハウスメーカー・工務店一覧

見て回ったハウスメーカーや工務店をまとめ、順に当時の打ち合わせや見学した際の印象を書きたいと思います。
なお、2015年-2016年当時の情報なので、最新情報は確認をお願いします。

コンセプト建築設計 :一級建築士事務所

実際に家づくりをお願いした石川県金沢市にある設計事務所になります。
先日のメモ「建築設計事務所で家を建てた理由とは」を参照ください。

建てて住んでいる今現在でも、満足し人にお勧めできる設計事務所です。

タカノ一条ホーム(一条工務店) 

大手ハウスメーカー一条工務店の富山県FC(フランチャイズ)。富山県地場ハウスメーカーのタカノホームが運営する。

良かった点:
大手では珍しく「家は性能」を売りに、高気密高断熱+全館床暖房を手がける。
i-smartというシリーズでは断熱性能Q値1.0を下回り、気密性能C値0.6を下回る。
悪かった点:
建築費用が最も高かった。
内見会にいた営業さんの情報では、坪単価70万円を超える。
吹き抜け空間部分にも坪単価の半値の費用が発生する。
フローリングは無垢材を採用できない。
一条工務店のオリジナル商品しか選べない。他のメーカー品を選ぶとコストが高い。

間違いなく暖かい家を建てられそうな素晴らしい住宅展示場と内見会のお家でした。
ただ、私の望みの開放的な家という部分はどうしても叶えられず、また費用的にも高いことから候補から外れました。
参考:家づくりに重視した点-「快適な家づくりに大切な3つのキーワード

ベストホーム(イザットハウス富山店)

イザットハウスの富山県FC(フランチャイズ)。富山県地場のベストホームが運営する。

良かった点:
もともと外断熱を得意とするイザットハウスがダブル断熱開始したタイミングだった。
気密性能C値0.1程度、非常に性能が高い。(値は低いほど良い。)
説明を伺った設計士さんが非常に親切丁寧な方だった。メリットデメリット共に説明をうけた。

悪かった点:
ダブル断熱を初めて行う年ということで少し不安をもってしまった。
床下エアコン暖房は経験なく、今後も導入しない予定であった。

ネットで調べると気密性能は非常に高いことから、興味がありました。
お話いただいた設計士さんが非常に丁寧、良いこと悪いこと共に説明いただける非常に心象の良い方でした。
当時、床下エアコンに既に興味を持ち始めていたこと、また、まだダブル断熱(内断熱+外断熱)を開始された年だったことから実績を考慮して、候補から外しました。

フジ創ホーム

富山県にある地場工務店。
低燃費住宅のFC。高気密高断熱の先進国ドイツのアルセコ外断熱を用いている。
(現在、低燃費住宅やアルセコ外断熱の記載なし。FCはやめられたかもしれません。)

良かった点:
社長のお家を内見会として訪問させていただき、暖かさを実感できました
無垢材をふんだんに採用したさらさらとした快適な家でした。

悪かった点:
女性目線の家づくりを前面に出され
ていて、私があまり乗り気になれませんでした。。。
床下エアコン採用はなく、今後も導入しない予定であった。
建築費用が高く、坪単価70万円程度ともお聞きしました。

社長も設計士もみなさん女性ということもあり、女性目線の家づくりを押し出されていました。なおかつ、高気密高断熱も売りにされ実際非常に暖かい家の内見会でした。
ただ、私たち夫婦が高い女子力を前面に受け入れることができず、候補から外れました。
現在HPを見ると、新築よりもハウスインハウスという改築に力を入れておられるようです。

改めて書いてみると、まだまだ見て回ったハウスメーカー・工務店があるので、次回に続きます。

ブログランキング

ランキング参加中です。押していただけると励みになります。
にほんブログ村 住まいブログへ 

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)